ニュース

ニュース

【試合結果・戦評】2/20(土)【ホーム第9節】vs富山グラウジーズ
2016.02.20

2/20(土)【ホーム第9節】vs富山グラウジーズ

 
【試合結果】

 

秋田 79:63 富山

 

1Q   11:19

2Q     22:16

3Q   20:7

4Q     26:21

 

■観客数:3,059人

 

■第1Q 11-19
ゆっくりとした立ち上がり、秋田は田口が果敢に外から狙っていく。大けがから復帰した竹野も3Pを放つ。一方の富山はクルーズが切り込んでいくなど互角の序盤。お互い堅い守備の中外から狙うもリングに弾かれる。クルーズがリバウンドに鋭いドライブからのダンクなど富山が一歩リード。

 

■第2Q 33-35(22-16)
秋田はターナーがペイントエリアから攻めると、空いた外から田口が射抜くなど秋田が好スタートを切る。しかし富山の守備を前にミスを連発してしまう。富山は城宝のペネトレイトからチャンスを作るが、秋田は守備で簡単には乗らせない。終盤に得点の奪い合いとなる中、田口の3本の3Pで秋田が2点差に詰めて後半へ。

 

■第3Q 53-42(20-7)
着実にリバウンドを奪い、スピーディーに攻める秋田が序盤のペースを握る。ボールマンにプレッシャーをかけ、マンツーマンでしっかり守る秋田がモリソンの華麗なポストプレイも決まって逆転に成功する。ドライブからの流れるようなパスワークで富山の守備をほんろうする秋田は、ターナーのリバウンドにシューター陣の活躍で大きなリード。

 

■第4Q 79-63(26-21)
早く追いつきたい富山は城宝がプレッシャーから速攻を決める。その後も自ら3Pを沈めるなど反撃ののろしを上げる。秋田も大塚の3Pで返すなどお互い攻撃的な展開に。積極的な守備から攻撃につなげる富山と、秋田のシューター陣の戦いに。一進一退の中、ターナーのミドルと大塚の3Pで富山に隙を与えず、得点の奪い合いを制した。

 

■全体
立ち上がりはロースコアとなるも、その後は秋田が守備で流れをつかむと攻撃では田口や大塚などシューター陣が力を見せて第3Qで大きなアドバンテージを得た。第4Qで富山が情報中心に反撃に出るも、得点の奪い合いにも真っ向から競り勝った秋田が大一番を制した。

(戦評協力:株式会社マーススポーツエージェント)

 

<ヘッドコーチコメント>

 

富山 ボブ・ナッシュ HC
今日の秋田は3Pの確率が素晴らしかったが、それ以外は互角という印象。後半のビックショットの影響が大きく、それを最後までリカバリー出来なかった。欠場したプレイヤーの部分もうまくつかれてしまった。

 

秋田 長谷川 HC
長期離脱の選手が戻ってきたこともあり、前半は本来のチームリズムを掴み切れなかった。選手交代を有効的に使い、後半からチームとして走ることができた。試合の中で悪い流れを修正したことが結果につながったと思う。

 

 

勝利者賞(提供:ポークランドグループ)

 

あっぱれMVP賞:#2 水町 亮介選手(提供:アジマックスグループ)

 

 

ビッキー

bjleague

  • 秋田ノーザンハピネッツ
  • 青森ワッツ
  • 岩手ビッグブルズ
  • 仙台89ERS
  • 福島ファイヤーボンズ
  • 新潟アルビレックスBB
  • 富山グラウジーズ
  • 信州ブレイブウォリアーズ
  • 群馬クレインサンダーズ
  • 埼玉ブロンコス
  • 東京サンレーヴス
  • 横浜ビー・コルセアーズ
  • 金沢武士団
  • 浜松・東三河フェニックス
  • 滋賀レイクスターズ
  • 京都ハンナリーズ
  • 大阪エヴェッサ
  • バンビシャス奈良
  • 島根スサノオマジック
  • 広島ライトニング
  • 高松ファイブアローズ
  • ライジング福岡
  • 大分ヒートデビルズ
  • 琉球ゴールデンキングス