ニュース

ニュース

【試合結果・戦評】3/5(土)【ホーム第10節】vs信州ブレイブウォリアーズ
2016.03.05

3/5(土)【ホーム第10節】vs信州ブレイブウォリアーズ

 
【試合結果】

 

秋田 91:65 長野

 

1Q   22 : 21

2Q     17 : 15

3Q   29 : 12

4Q     23 : 17

 

■観客数:2,234人

 

■第1Q 22-21
開始からベルのダンクが決まるとボールを回しアグレッシブに攻めていく長野。秋田はインサイドを活用しながら外からも狙っていくなどお互い様子見の展開。徐々にロビーの個人技からチャンスを作っていく秋田は終盤の大塚の連続3Pでリード。

 

■第2Q 39-36(17-15)
長野が先制するも、竹野の外の他、素早いパスワークからターナーのダンクと攻撃では秋田が一歩上か。長野は決まらなかった外角がようやく決まると、中からもギブソンが身体の強さを生かした攻撃で逆転。一進一退の中、終盤に田口の外と大塚の残り5秒の3Pで逆転を許して後半へ。

 

■第3Q 68-48(29-12)
序盤は長野が秋田の守備を前に決めきれず、ミスからチャンスを渡してしまう。7分10秒には竹野が3Pを決めて8点差に。長野は外から狙っていくも決まらず、秋田の素早い攻撃に走られてしまう。秋田は守備から攻撃につなげ、リバウンドも奪うなど試合の主導権を握って20点差。

 

■第4Q 91-65(23-17)
早く追いつきたい長野はリバウンドから先制する。ギブソンにボールを集めていくも、守備では中から決めれば外からも射抜く秋田のバランスの良い攻撃に翻弄されてしまう。秋田はターナーがリバウンドを奪い、ロビーらがフィニッシュするなど安定した攻撃で逃げ切った。

 

■全体
前半は互角の戦いを演じていたが、後半で秋田が守備から流れをつかむと、外も確率よく決めていきリード。第4Qも長野にチャンスを渡さず、見事逃げ切った。竹野や高橋らが外からも決めていくと外国籍選手3名もバランスよく加点していった。

戦評協力:株式会社マーススポーツエージェント

 

 

<HCコメント>
長野 棟方 HC
首位チームにどれだけやれるかという気持ちで臨んだ試合だった。前半はプラン通りではあったが、お互いにミスも多かった。試合中にそのミスや流れをどちらが先に修正できるかがポイントだったと思う。明日もチーム全員でチャレンジしていきたい。

 

秋田 長谷川 HC
自分たちのバスケット、ゲームプランをやりきることができた。細かいミスもあったが、ディフェンスからの良い流れをつくり出せた。明日はタフな試合になると思うので、気を引き締めて戦っていきたい。

 

 

勝利者賞(提供:ポークランドグループ)

 

あっぱれMVP賞:#15 リチャード・ロビー選手(提供:アジマックスグループ)

 

 

ビッキー

bjleague

  • 秋田ノーザンハピネッツ
  • 青森ワッツ
  • 岩手ビッグブルズ
  • 仙台89ERS
  • 福島ファイヤーボンズ
  • 新潟アルビレックスBB
  • 富山グラウジーズ
  • 信州ブレイブウォリアーズ
  • 群馬クレインサンダーズ
  • 埼玉ブロンコス
  • 東京サンレーヴス
  • 横浜ビー・コルセアーズ
  • 金沢武士団
  • 浜松・東三河フェニックス
  • 滋賀レイクスターズ
  • 京都ハンナリーズ
  • 大阪エヴェッサ
  • バンビシャス奈良
  • 島根スサノオマジック
  • 広島ライトニング
  • 高松ファイブアローズ
  • ライジング福岡
  • 大分ヒートデビルズ
  • 琉球ゴールデンキングス